上演許可

「上演届・上演許可願」について
日本演劇教育連盟編集出版物掲載脚本の上演に関して

一般社団法人日本演劇教育連盟では、本誌や脚本集など、日本演劇教育連盟の出版物に掲載された脚本が広く活用されると共に、著作者の権利が尊重されることを願って、脚本の上演にあたっては、「上演届・上演許可願」を提出されるようお願いしております。
近年、著作権についての関心も高まり、多くの「上演届・上演許可願」が届くようになりました。
日本演劇教育連盟では、皆様からの「上演届・上演許可願」を作者にお届けするとともに、必要に応じて「上演許可証」をお届けするなど、連絡事務を行っております。

この度、一般社団法人日本演劇教育連盟は、脚本の使用に関して作者との連絡等を行っていくにあたり、皆様に相応のご負担をお願いすることといたしました。
これまでは、郵送料のみの負担をお願いし無料で作者との連絡を行ってきましたが、来年度(令和3年度)以降、事務手続きに関しての費用が必要となります。
ご了解の上、下記に従ってお手続きください。


▼手続き方法
下記より書式(PDF)をダウンロードし、連盟事務局までお送りください。
郵送・FAX・メール等で受け付けております。
ただし、上演許可書を書面にてご希望の方は、返信用封筒(切手貼付)をご同封の上、かならず郵送にてお送りください。
また同時に、書式内記載の口座へ、手数料のお振込みをお願いいたします。
※演教連会員の方は、手数料は無料となります。ただし上演届・上演許可願いは必ずご提出ください。

▼ダウンロード
上演届・上演許可書式(一般社団法人日本演劇教育連盟)20210401~

※2021年3月31日までに上演される場合は、手数料は発生いたしませんが、上演届・上演許可願いは、上記の通りご提出ください。
※書式内に「1.~ホームページ等」との記載がありますが、web上でのお受付はしておりません。

=脚本使用料に関して=
*高校以上の上演では、脚本使用料が発生する可能性があります。(全国高等学校演劇協議会は「高校演劇に関しては(入場無料の場合)上演時間にかかわりなく上演1回につき 5000 円とする。」としています(同協議会HP「著作権ガイドライン」による)。
*小・中学校の上演は原則として無料です。(著作権法第35条・第38条、文化庁「著作権Q&A」参照)
詳しくはお問い合わせください。